にゅーす

2020年3月29日からのお野菜

来週のお野菜の情報や、生産者さんのニュースです!

端境期ですね。。
一気に出荷できるお野菜が減ります。

小松菜やほうれん草、葉ねぎのように、1年のうち、比較的
長い時期出荷できる品目でも、常時出荷できるように種をまく
ことの難しさ(リレーがなかなかうまくいかない)を思います。

へんこは複数の生産者さんに支えられているので、Aさんの
小松菜が待ちの状態でも、その間はBさんがつないでくれたり…
みたいな感じで、奇跡的にリレーできていたりもしますが、
今週はなかなかそのへんの状況もシビアな感じ。。です!

ケールのなばな(手づくり農園)

それほど量もないので、注文票には載せません。
情報だけ、ここで発信します。ご興味ある方はお問合せください。

手づくり農園の伊藤さんと安室さんによると、
いろいろななばなを食べてみたけれど、ケールのなばなは
他に比べて「やわらかくて甘い」のだそうですよ。

連絡

忍の里の小松菜:周年栽培、安定供給スタート!とご案内しましたが、
契約で購入してくれる先が見つかったそうで、「週200P出てくる」と
お伝えした分はそちらへまわることになりました。

伊賀有機農産供給センター:端境期でお休みです。

2020年3月22日からのお野菜

来週のお野菜の情報や、生産者さんのニュースです!

かきうち農園

セミノールと甘夏がスタートです。

かきうち農園のセミノールは、ぎりぎりまで木にならせておくことで
皮が剥きやすい状態に育てています。果汁たっぷりで濃厚な味わいです。

甘夏は、一般的には早く収穫して貯蔵庫で熟成させることが多いようですが、
かきうち農園の甘夏は木の上で冬を越し、完熟させてから収穫します。
甘みが口いっぱいに広がりジューシーです。

今週からスタート

▼ 岡田さん:チンゲン菜とこかぶ

今年の1月の岡田さんのこかぶ、こんな感じでした。

▼ 忍の里:小松菜とルッコラ
※小松菜は周年出荷体制に入りました。
ハウス栽培(特栽)で、週200P出荷目標で作付しています。

▼ 谷農園:大根
※短根大根が終わって、大根(春慶)になります。

今週で最後

▼ 谷農園:なばな、アレッタ、スティックセニョール、カラフル人参
※開花などの状況次第では早期終了となる場合もあります。

▼ 福田ぶどう園:しいたけ
※ほんとうはこれからの時期もまだまだ収穫できるのですが
(暖房費もかからなくなって作りたいところではあるのですが)
ぶどうの世話が始まるので、福田ぶどう園では毎年3月末で
しいたけは終了になります。

2020年3月15日からのお野菜

来週のお野菜の情報や、生産者さんのニュースです!

人参ジュース

「無無の人参ジュースを探しているのだけど」という
相談を受け、心当たりのある生産者さんに連絡した
ところ、お二人から「持っていますよ~」のお返事を
いただきました。これを機会にへんこの注文票に
掲載させていただくことになりました。

①人(にん)
丹波市の3人の生産者さん(高見さん、宮垣さん、
梅内さん)が「丹波人参クラブ」というグループで
作っている人参ジュースです。

350mlの1サイズで、1ロット12本入りです。

少し古いけど、こちらの記事に紹介されています。
http://tocco.tamba.sc/tambaninjinclub/

②とろとろ人参ジュース
長野県佐久穂町のあさひや農場の人参ジュースです。

350ml入りと、1リットル入りの2サイズです。
現在350ml入りが品切れ中ですが、両サイズとも、
4月に再入荷します。
350mlは1ロット40本入り、1リットルは1ロット20本入り。

ご自身による紹介文をどうぞ。
ラベルデザインが素敵ですね。
http://asahiyanoujou.jp/carrot-juice/

谷農園

なばな、アレッタ、スティックセニョールが、あと2週間ほどの見込みです。

アレッタは、「葉茎を食べよう!」イメージから、「花蕾を食べるぞ」
に変わってきています。ご理解の上、ご注文ください。

岡田農園

小松菜とわけぎがスタートします。

岡田さんの農地はさほど広くはないのですが、
限られた面積の中で途切れず回していく技術がすごい。
「次まいてるのがあるから大丈夫」と言われると本当に
心強く、実際、助けられることが多いです。

田島蓮園

farmOの発送お助けサービスを活用し、送料が安くなります。
https://www.farm-o.net/logistics
京都市内は特にお得です!

1箱(5kg) 1100円→903円(京都)、1034円(関西その他)
2-4箱(10-20kg) 1200円→1024円(京都)、1134円(関西その他)

れんこんって、若い節ほど繊維量が増えるので、
節ごとに食感や合う料理方法が違うんですって!
まるごと仕入れて食べ比べてみてくださいね。

サイズ情報は、下の写真、右ページ上部にあります。
下の2枚はクリックすると拡大します。

2020年3月8日からのお野菜

来週のお野菜の情報や、生産者さんのニュースです!

新型コロナウイルスの影響が各所で出ています。
「保育園に子どもを預けられなければおんぶで仕事かなぁ」
という生産者さん。店舗が県の施設内にあり、3月16日まで
営業停止を通達された飲食店さん。他の飲食店さんからも
注文キャンセルの連絡が入ったりしています。

へんこの業務状況としては、パートさんのお子さんは
子どもたちだけで過ごせる年齢だし、我が子は保育園が
引き続き預かってくれていて、幸いにも通常と同じ体制です。

手づくり農園

長ねぎがあと2週間ほど、3月21日ころまでとなります。

手づくり農園は、ケールとマルシェ(焼き芋&お野菜販売)が
主軸なので、マルシェが次々中止になっていて大変そうです。
早く終息してくれるといいですね。

ケールの出荷作業の様子です

すずめ農園

土日も出荷できるようになったそうです!
とても心強いです。

今週は小松菜がたくさんあります。ほうれん草はしばらくお休み。
わさび菜、いい感じの写真をいただいたので再掲します。

忍の里

生育待ちだったサラダケール、再開です。

丹波しのたろう農園

小豆茶が再開します。

中末農園

3/15から5月まで、端境期で出荷がなくなるので、今週がラストとなります。

寂しくなるけど再開を楽しみに待つことにします。
中末さんのミニトマト、ほんとに甘い。ほんとにおいしい。
この間、苗を育て、定植して…出荷はないけど畑はぐんぐん
姿を変えていくのでしょうね。なんか、すごいいい時間が
流れていきそうだなぁ。5月までに再訪したくなってきました。

下記、終了したお野菜です。

  • 壬生菜(谷農園)
  • ブロッコリー(手づくり農園)
  • チンゲン菜(すずめ農園)
  • ミニ大根・大根(月井さん)
  • レモン(かきうち農園)
  • 里芋(マックスファーム) ※小玉はまだあります
  • 人参(よりこんぼ)

2020年3月1日からのお野菜

来週のお野菜の情報や、生産者さんのニュースです!

すずめ農園

ほうれん草、次のロットの生育待ちで少しお休みです。
わさび菜が出始めました。圃場の様子の写真をいただきました。

わさび菜、チンゲン菜、小松菜

岡田さん

ハウスのほうれん草も大きくなってきました。
ハウスの方は有機準拠栽培、露地の方は生育次第で
化成肥料を追肥することがあるそうです。

伊賀有機

なばながスタートです。

谷農園

ほうれん草がスタートです。
壬生菜は最終週です。

その他

  • かみむら農園の人参が終了しました。
  • 手づくり農園のケールは、3月に入るとぐっと量が減ります。
  • 手づくり農園のブロッコリーも量が減ってきました。

2020年2月23日からのお野菜

来週のお野菜の情報や、生産者さんのニュースです!

谷農園

アレッタがたくさんあります。
値下げしたので、まだ食べたことのない方、ぜひお試しください!

名前からは外国のお野菜のような印象を受けますが、
三重県の種苗会社ナコスが、ケールとブロッコリーを掛け合わせて
作ったお野菜です。油となじみやすく、炒め物やパスタに合います。
葉がしっかりしていて、調理してもボリュームが減りません。

その他の谷農園のお野菜情報です。

  • 花芽がすすみ、赤水菜、しろな、こかぶが終了になりました。
  • 3月に入るとほうれん草が出てきそうです。
  • カリフラワーがあります。一部の方にのみご案内していますが、気になるかたいらっしゃったらお声がけください。

岡田さん

露地のほうれん草が大きくなってきました!

ほうれん草と関係ない写真ですが、先日、すずめ農園さんと一緒に
訪問して、いろいろ教えてもらってきました。
岡田さん、85歳!話が歴史をたどるからおもしろいのと、
積み重ねた年月の長さ、その間の知見と工夫がすごいです。

忍の里

ほうれん草、2番目のロットも育ってきました。たくさんあります!

かきうち農園

ぶんたんが始まりました。
レモン(B品)は、サイズがS、2Sくらいと小さくなります。

かきうち農園 ウェブサイト
https://www.kakiuchinouen.com/

デコポンは収量が少なく、今年は案内できそうにありません。

手づくり農園

3月に入ると、出荷できるケールの量が減りそうです。

2020年2月16日からのお野菜

来週のお野菜の情報や、生産者さんのニュースです!

手づくり農園

安定的にずっと出してくれているので案内する機会がなかなか
やってこない!ということで、定番アイテムをまずご紹介。

シルクスイートは終わってしまいましたが、安納芋と
紫まさり(中が紫色のさつまいも)が引き続きあります。

安納芋は焼くと糖度が増し、ねっとりクリームのように
滑らか、まろやかで、と~ってもおいしいです!

紫まさりは、味は特徴がないというか出しゃばらないというか、
実に地味(笑)。他の素材の邪魔をせずにいろどりを変えて
くれるのがすばらしい特徴だと思います。
というわけで、お菓子やパンの材料として魅力的です。

安納芋も紫まさりも、名張の農産加工所「イーナバリ株式会社」の
自社開発商品の素材としても活躍しています。

自然農園よりこんぼ

よりこんぼの北川夫妻は、2015年4月、秋田市と横浜市から移り住み、
高知県中土佐町で有機農業を営んでいます。
「体は食べたものでしか作られない」だから本当にいいものをお届けしたい。
その想いで手間暇を惜しまず、丁寧に野菜を育てられています。

栽培品目は生姜、人参、オクラ、さつまいも、かぼちゃ。
65aの畑で有機JAS認証を取得されています。

奥さんの美帆さんと、去年夏の「アグリフードEXPO東京」で
出会ったのがきっかけです。生姜トークが非常におもしろく、感動し、
生姜を扱わせてほしい!と強く思いました。

北川さんのすごさは、一度関わった人を リピーターにしてしまう力。
商品(野菜)に力があるうえに、 やりとりがとても丁寧です。

「よりこんぼ」とは、昔から使われてきた中土佐地域の言葉で、
「みんなが寄り集まって仲良く楽しく」という意味なのだそう。

今年は、「自然ともよりこんぼしていける社会を目指して」
ビニールを使わない梱包トライアルを始めています。

野菜も素敵。取り組みも素敵。発信も素敵です!
yorikonbo.amebaownd.com

忍の里

今週から、ほうれん草が出ています。2ハウスあります。
農薬8割減の特別栽培です。

肥料:FTE、鉄アクア、トラハロース、クエン酸
農薬:アクセルフロアブル(12/21、1500倍)1回のみ

土の香工房

味噌が再開です。米味噌(2年熟成、3年熟成)に加え、
麦味噌がラインナップに加わりました。
それぞれ500gと800gがあります。

化学合成農薬・化学肥料を使わずに育てた、三重県産の
丸大豆を使用しています(遺伝子組み換えなし)。
米麹は三重県産コシヒカリ、麦麹は鹿児島県産。
塩は海水塩を使用しています。

その他

・もものすけ(谷農園)は来週がラストです。

2020年2月9日からのお野菜

来週のお野菜の情報や、生産者さんのニュースです!

木の子の里 錦生事業協議会

寒いせいか、きくらげの生育がゆっくりです。
ご注文をいただいたのにお届けできないことが何回かありました。

お客様に欠品のご連絡をした際に乾燥きくらげで代替すると聞き、
乾燥きくらげなら、木の子の里も作っている!と思い、
木の子の里の加工品も取り扱いさせていただくことにしました。
下の写真は、しいたけ(20g)、きくらげ(15g)です。
しいたけは、スライス(左端)と丸(右端)があります。
乾燥きくらげは特用100g入りもあります。

ドレッシングもあります。この機会に合わせてご案内します。
(※ 下の写真は木の子の里に提供していただきました)

マックスファーム

全ての圃場でJAS認証を取得されたそうです。
有機準拠でご案内していた里芋の栽培区分を変更するとともに
価格を見直しました(値下げしました)。

里芋、じゃがいも(デジマとアンデスレッド)は3月まで。
自然薯は6月まである予定です。引き続きよろしくお願いします!!

愛農高校

キウイいかがですか。
今年は受粉がうまくいかず、結果的に摘果しすぎてあまり
とれなかったそうです。少ない中、小さめのものを選んでもらいました。
1個、60-80g程度。1kgに13-16個くらいのものを在庫しています。

全寮制の農業高校生たちがこんな環境で作ったキウイですよ~。
このプロボノの映像は素敵です。

谷農園

こそっと、カリフラワーがあります。
小さめ10cmくらいです。個別に前からご要望いただいていた方にのみ
案内しています。興味ある方、いらっしゃれば、お問合せ下さい。

2020年2月2日からのお野菜

来週のお野菜の情報や、生産者さんのニュースです!

かみむら農園

京都府八幡市にあります。高速道路の高架がすぐそばにあり、
初めて行ったとき、「こんなところにこんなに農地がたくさん
あったなんて」ととても驚きました。かみむらさんは、5月には
有機農業10年目を迎えられます。メイン作物は、いちご、大根、
人参、スーヨーキュウリ、オクラ。JAS認証も取得されています。

かみむら農園からは、引き続き、大根がたくさんあります。
先日畑を訪問し、おみやげに大根と人参をいただきました。
大根おろし、ふろふき大根、野菜炒め、味噌汁、サラダ、
などで食べましたが、 甘くて味が濃い! どこをどう食べても
おいしかったです。 サラダ用に短冊に切ったら、我が家の
2歳児が何度も短冊を取りに来てバクついていました。

そして人参が再開です。
貼ってあるシールのとおり、「スイーツみたいに甘~いニンジン」でした。
味付けせず煮ただけで「おやつ」になり、こちらも我が家の2歳児が
バクついて、3本茹でたのにあっという間になくなりました。

予告~

2月中下旬あたりからは、いちごの出荷もスタートします!
貴重なJAS有機いちごです!3品種:よつぼし、宝交早生、紅ほっぺ。
写真ではわかりにくいですが、60cmの高畝がきれいにびしーっと
立っていました。そして、クロマルハナバチがせっせと働いていました。

つまみぐいさせてもらったら、本当においしかった!
この美味しさをどう表現したらいいかしばらくわからなかった
のですが、「何度でも食べたくなる味」です!

手づくり農園

甘くないよ~としばらく様子を見ていた安納芋ですが、再開します!
最初に掘ったロットと比べて、お芋の状態に不安定なものがあるようで、
「洗って確認して出荷します」とのことです。

他のお芋(シルクスイート、紫まさり)は土付きですが、
安納芋は洗った状態でのお届けとなります。

安納芋の焼き芋!おみやげにいただきました~。しっかり甘くておいしいです!

岡田さん

小口ねぎが始まります。春菊も再開です。

2020年1月26日からのお野菜

来週のお野菜の情報や、生産者さんのニュースです!

東山ベジフル

鹿児島と大阪に圃場を持つ、東山ベジフルさん。
去年6月、7月の大雨で、鹿児島圃場の収穫予定だった人参が
全滅という大きな被害を受けられました。

存続の危機となり、背水の陣で取り組んでおられます。
昨年末に、久しぶりに「出荷できるよ」の案内をいただき、
我がことのようにうれしかったです。

出荷できなかった間に、生産を支える基盤がすごく
強くなった印象。かっこいいロゴとともに、
ウェブサイトが立ち上がっていました。
https://higashiyamavegefrutest.shopinfo.jp/

Facebookページはコチラ
https://www.facebook.com/higashiyama.vegefru/

GAP取得に向けて動いておられたり、ふるさと納税の返礼品に
採択されたりと、ぐいぐい前進しています。

紅くるり(写真:東山ベジフルさんより)
京むらさき(写真:東山ベジフルさんより)

★価格の見直しがあり、お買い求めやすくなりました。

★これまでバラ出荷のみでしたが、人参とビーツは、パックでの出荷も始まります。

★限定80kg、かぶがSALEです。

バラで詰め合わせもしてもらえます(作業賃500円)

ビーツのみ、へんこで在庫していますので、1kg単位でご注文
いただけます。その他は、箱単位で現地から直送となります。

主要品目:人参、ビーツ、色大根

マックスファーム

マックスファームさんも久々の登場です。
http://maxfarm.co.jp/

母体は「食の安全を守り人々の生活を守る」ことで社会に
貢献する、食品・医療分野の衛生資材メーカー、
株式会社ホワイトマックス。
2011年の東日本大震災をきっかけとして、農業分野での
事業化を決め、マックスファームが滋賀県甲賀市信楽に
立ち上がりました。

信楽の生産者さんたちが集まって勉強会を開催する際には
場所を提供したり、日程調整したりと、地域に根を張って
活動を展開されています。

主要栽培品目は、自然薯と安納芋。
その他、じゃがいも、里芋、ニンニクを栽培されています。

★来週から、「自然薯」「里芋(福丸)」
「じゃがいも(デジマ)」「じゃがいも(アンデスレッド)」
がスタートします。

谷農園

カラフル人参がスタートです。
3月まである予定。土付きです。

伊賀有機農産供給センター

アレッタが始まります!

岡田さん

サニーレタスがあります。
1つが小さいそうなので(100g以下)、1パック2個で
作ってもらいます。

かきうち農園

レモンが、2月中下旬ころまで出荷できます。
B品のみとなります。

次のページ