にゅーす

「共に食べる」

みなさま、はじめまして。

へんこのなかじまです。

 

今日から社内で新たな取り組みがスタートしました!

お昼の食事当番制です。

 

今までは時間が空いてる人がお昼を作って、

出来次第みんなで食べるといった感じでしたが、

これからは週当番というかたちで1週間責任を持って担当し、

食材の調達から食事作りまでをするというシステムに。

食べる時間は12:15頃で、それまでに各自段取りをする。

 

と、まぁなかなか大変そうなのですが、、

自分たちで調理をすることで

「この食材はこんな味がするんだ」

「こんな風に調理をするとおいしいんだ」

「この農家さんの野菜はまた違った味がする。。!」

自分たちが扱っている食べ物の知識や興味がより一層深まります。

 

そしてみんなで食べることで、

絆が深まる。

なにより「楽しい」。

食事は「みんなでする」から美味しい、楽しい。

 

なんだか家族みたいでおもしろいです。

 

「共に食べること」

基本的なことですが、今、一番重要な気がします。

 

 

————————————————————

 

第一週目の担当は橋和田さんです~。

DSC_0338

本日のメニュー

・ニンニクの芽(谷農園)とレンコン(奈良)と鶏肉の炒めもの

・玉ねぎ(奈良)と小松菜(寿々芽農園)とレンコン(奈良)の味噌汁

・冷奴(トッピングのネギは伊賀ベジ)

 

無題

ニンニクの芽は橋和田さん絶賛の谷農園さんのものです。

味付けは塩こしょうと土の香工房さんの醤油。

シンプルでご飯のおともにもってこいですよ~!

 

ごちそうさまでした。